今、健康や美容・ダイエットに噂の水素水

水素水とは?

水素水(すいそすい)は、水素ガスを溶解させた水であり、無味、無臭、無色である。

 

工業用の水素水は超純水を元に生成され、炭酸水やオゾン水と同様に半導体や液晶の洗浄に用いられる。その他、飲料としても販売されています。


生成

洗浄用水素水の製造方法のひとつとして、水は通過しないがガスは通り抜ける高性能の中空糸状の気体透過膜を内蔵したモジュールによる方法がある。これは、高純度の水素水を安全かつクリーンに経済的に製造することを目的としたものである。

 

アルカリ電解水を生成する過程で水中に水素が過飽和に溶解しており、一部はコロイド状の微小の水素気泡となって存在し、微小の水素気泡は1日放置後にも安定して存在する。飲用アルカリ性電解水安定したpHの生成が主眼に置かれていたが、後に溶存水素量にも着目され、研究開発が進んできた。とされています。

水素による生体研究

体内の活性酸素の過剰発生は、動脈硬化や心筋梗塞、がんなどに原因となっているのではないかとも考えられている。

 

日本医科大学の中村成夫によれば、水素水

 

溶解度は1気圧で0.8mM程度
活性酸素の中でも最も生体傷害性の強いヒドロキシラジカル(HO・)を選択的に消去する。
水素が水溶性でも脂溶性でもあるため、また細胞内のあらゆる場所で抗酸化作用をすることができる。

 

という3つの特徴が期待され、2013年から臨床研究がはじめられている。

医療研究では

血液透析用水に水素水を使用することで透析患者の慢性炎症、酸化ストレスを抑制することを見出した。

 

ランダム化二重盲検法で、高LDL血症または耐糖能異常の患者30人に1日900mLの水素水を飲ませたところ、LDL値の顕著な減少がみられ、脂質代謝異常の改善や耐糖能異常の予防に有益であった。

 

また二重盲検法によるランダム化比較試験において、水素を溶存させたとされる水素高溶存電解アルカリ水は、単に浄水を飲んだ場合と比較して活性酸素による生体内酸化ストレス値を40%と有意に低下させた。

 

という研究で水素水ストレス低下やLDL値の減少などの可能性があるとされ、健康に良いのではないかと思われます。

水素水の保存

水素の溶け込んだ水をペットボトル等のプラスチック容器に封印したとしても、水素の分子は小さいため、プラスチックや、金属でも単層の蒸着膜程度なら通り抜けてしまう。水素水を保存・保管するには、ガラス瓶や金属缶、金属積層フィルムのパックなどが必要になる。健康食品として販売されているものは、金属積層フィルムのパッケージに充填されている。

 

水素水は保存が難しいのです、ペットボトルや缶などでは長期の保存の間に水素濃度が低下することもあるようです。金属積層フィルムのパッケージの飲料水は近年のCMでも見受けられます。
どうしたら高濃度の水素水を吸収できるのでしょか?

 

今現在、水素水はご家庭で簡単に作れたり、サーバー型やボトル型、様々の種類があります。

 

左中のカテゴリに水素水の種類をご紹介していますので、よろしければご覧ください。